透明な世界

精神障害の私の日常です

誰にも必要とされない事の恐怖

無職のまま迎えた初めての年末年始。

 

今まで日々積み重ねてきていた自信、やりがい、そうしたものがなく部屋でただひたすら寝てばかりの冬は、さらに私の心を憂鬱にさせました。

 

学生や会社員、健康で何かしらの肩書きを持って生きてきた自分が、精神疾患で無職。これからどうしていこうか考えるほどに不安でした。

 

年が明けてすぐに私はまた転職サイトで仕事を探し始めました。転職サイトだと最初にサイトに登録した職歴などのプロフィールを希望する会社に送り、そこである程度判断されて断られるか、または次のステップに進むか判断されるので、どこか引っかかってくれないかと様々な所へ送ってみました。

 

ハローワークでは窓口で職員の人と話したりしなければいけないのがとても苦痛だったので、仕事探しの選択肢としては考えていませんでした。

 

しかし年齢は30歳を過ぎ、ただでさえ転職が難しくなってくる頃。プロフィールを送っても反応はいまひとつでした。呪いの棘となっている短い職歴、特筆すべきスキルもない淋しい免許資格欄。よっぽど人手不足の急募でない限りはわざわざこんな人間を採用する必要はない、そう思われているんだろう。心のどこかでそう思いながら、でも自分さえも自分の事をそんな風に思ったらおしまいだと心の奥に隠して仕事探しを続けました。

 

そんな仕事探しの中で苦痛だったのが、転職サイトで履歴書や職務経歴書のフォーマットに入力しているのにも関わらず、たまに面接に進んだ場合にまた自分で作成した履歴書や職務経歴書を持っていかなければならない事でした。

 

会社側からすれば当たり前なのでしょうが、その頃は手書きがまだ多かったので1枚を書き上げるために使うエネルギーがすごく、うつ病で心に力がない状態の私にとってはそれはとても苦しい作業でした。

 

履歴書を書き損じたその時、今まで溜まっていた様々な不安が爆発しました。履歴書を破って近くにある物を壁に投げつけ、その場で泣き崩れました。でもしばらくして情けなくて泣いている自分を別の自分が見ていて何だか急に恥ずかしくなりました。もう30を過ぎた大人がうまくいかず泣いている、そう思うと何だか泣く事も罪のような気がしたのです。

 

こんな事ではそれは仕事も決まらないだろう。自分が悪いと言い聞かせて、またしばらくして私は履歴書を書き始めました。

繰り返される退職と自己嫌悪

長く勤めていた職場を転職と言う形で辞めた私。最後に勤めていた部署や異動前の部署の人が飲み会を開いてくれたりして、そのたびにとても心苦しかったのを覚えています。

 

その前に私が病欠をしているのをおそらく前の部署の人も知っているはずなので、その後に突然に転職すると言う流れからして、きっとばつが悪くなったんだろうと思ったはずです。実際に転職と言っても実際はうつ病だったと見られるのが嫌でその場をすぐにでも離れたかったからですし、その転職もうまくいかず1ヶ月程度で辞めてしまったなんて絶対言えませんでした。

 

とりあえずまた次の仕事を正社員で探そうと思ったのですが、正直に履歴書に職歴を書くと「10年くらいそこそこ立派な場所で仕事→突然の転職→そこを1ヶ月で退職」となり、もう完全に不審な流れなわけです。何か悪い事をしたか不慮の出来事があったか、

 

1ヶ月で退職と言う屈辱の職歴をしれっと抜かして素知らぬ顔で履歴書を書いてやろうかとも思ったのですが、もし採用となった場合雇用保険で前職に違いが出るのではないかと考えて無理でした。

 

それ以前にほとんどが書類の段階で落とされ、面接に行ってもやはりそこを必ず突っ込まれるので、とりあえずうつ病とは言えないのでそれ以外で家族の看病とかいろいろと事情を作っては説明をしたわけですが、明らかに嘘くさいので当然不採用となります。

 

そんな中でも何とか決まったと思った所は、事前の話とだいぶ違う内容の仕事内容でした。でもこのまま無職よりはましだと思って働き始めたら思い切りブラックな所で、またしても私は突然に職場に行くのが怖くなりそこを投げ出してしまいます。

 

そんな事がずっと続いて「うつ病になった自分が嫌い」「嘘をついている自分が嫌い」「社会から必要とされていないであろう自分が嫌い」と自己嫌悪の波状攻撃に完全にやられました。

 

10年勤めた所からうつ病と言うもので転落。次の仕事は1ヶ月で辞めて、その次は数日。しばらくはもう外に出るのも怖くて家にひきこもる生活をする事になります。

うつ病で砕け散った仕事への自信

20代の頃の私は仕事にひたむきで、それゆえに仕事ができない人や遅い人、投げやりな気持ちでささっとやっている人に対しての怒りや苛立ちがすさまじかったんです。

 

もしうつ病になっていないでそのまま年齢を重ねていたら、パワハラおやじか過労死か、あるいは自殺をしていたのではないでしょうか。そのくらいエネルギーが良くも悪くも溢れていました。そして自分は仕事を何でもこなせると増長していました。

 

働き始めて10年ほどしたある日、私は急に全てが嫌になり何日も休むようになります。体調が悪かったので病院でいろいろな科を受診し、結果うつ病と診断されました。

 

私はその職場にとてもいづらくなりました。休職をしたという事が私の中でひどく汚点となった気がしたのです。そして休職があけて職場に戻っても、皆が私の事を馬鹿にしている、劣った者を見る目でいると思い、すぐにまた職場にいけなくなります。私は休職の間、今の環境から逃げ出したいと思い転職サイトなどで新しい仕事を探し始めます。誰も私がうつ病だと知らない環境へ身を移し、もう一度やり直そうと思ったのです。

 

そして私は転職をしたのですが、心身ともにしっかり治っていないのに遠くなった通勤に耐えたり、新しい仕事内容や人間関係を覚えたりする事などできるわけもなく、転職して1ヶ月くらいで体が全く動かなくなります。朝に体を起こす事さえできないのです。

 

最初の日は風邪をひいてしまったと嘘をつき休めましたが、それが何日も突き通せるわけもなく、しまいには休む連絡をする事さえ怖くなってしまい、メールで何かしらの理由をつけ退職したいという旨を送り、退職届などの手続きも郵送で行いました。

 

辞める事さえもきちんとできなくなってしまった自分が本当に嫌いで、さらに気分は落ち込み、そうなると新しい仕事も探せない、仕事がないから貯金が目減りする、将来の不安からもっとうつがひどくなるという悪循環に陥りました。

 

うつ病で長く勤めていた所を辞めた事、そして転職の失敗で、私の仕事を何でもこなすと言うプライドのようなものが粉々になりました。

精神障害だと知られたくないので

数日前の話ですが、税務署へ行ってきました。

 

私はもう確定申告をが終わってるのですが、家族の分で過去の申告の更正があったので行ったのですが、期限近くなので長蛇の列でした。

 

更正は初めてだったので、あらかじめ税務署へ確認をしたりパソコンで用紙をダウンロードしたりと準備をして行ったので、提出のみで10分ほど待つ程度でした。

 

でもこれから作成する人達の方は長蛇の列で、あれはいったい何時間くらいかかるのだろうと見ているだけで疲れてきました。

 

会社員の頃はいつも年末調整で終わらせていたのですが、うつ病で辞めてからはずっと確定申告です。最初の年はわからない事だらけでしたが、会社員時代より無職やアルバイト生活の方が長くなった今では、確定申告も手早く終わらせる事ができるようになりました。人間は何でもなれてしまうものです。

 

昨年末は久しぶりに仕事をしている状況だったので、今のバイト先で年末調整をしようかなと思ったのですが、扶養控除申告書で障害者にマルをつけるの見られたらどうかなとふと思ったので確定申告にしました。

 

働いている場所は本社にある人事や経理などの部署とは離れているので、そちらに知られるのは問題ないのですが(それで障害者だとばれたら会社に問題ありですし)とりあえず書類を提出する目の前の社員さんにばれないようにしたいと思いました。

 

最近は心身の具合も良いですし、仕事も今の所はとりあえずバイトも短時間。私が精神障害だとは誰も思わないはずでしょうし人間関係も良好なので、知られてかえってやりづらくなったらいやなので、とりあえず黙っていく方向にしたいと思います。

お金への不安を少しでも減らすために

今は週に数日ですが、無理のない程度にバイトをしています。久しぶりに何ヶ月も続いている仕事なので大切にしていきたいと思っています。

 

とは言え週に2.3日。時間も短時間勤務なので月に3万円程度のお給料。今日は15日、月末の給料日までまだ日があるのにお金がありません。

 

この間、役所から臨時福祉給付金の申請書類が届いたので、その日のうちに投函しました。1日でも早く出したら少しは早く振り込まれるかなと期待したのですが、考えてみたら前の給付金の時も書類を出してからだいぶ先になって振り込まれた気がするので、数日早く出しても関係ないかもしれません。お金が欲しいとそうした判断もあまりできなくなるんですね。

 

あとは金策のために会社員の時に買ったCDや本を買い取りをしてくれる場所へ持っていっています。1回持っていくと額としては2,3000円とかそのレベル、でもありがたいです。

 

最初はいろいろな思い出があるCDやDVDを手放す事は悲しかったですが、それを何回もやっていると不思議なもので段々何も感じなくなってくるんですね。鈍くなるのは人間が自分を守るための優秀な装置なのかもしれません。

 

思い出のCDなどはまた中古で買い直せるかもしれない、でも明日が生きられなければそれも叶いません。どうせここ最近は全然聴いていないものなので、部屋もかなりスッキリしてきて精神的にも良いかもしれません。

 

綺麗に保管していた事で減額にならないので、そうした性格がここで自分を助けるとは思いもしませんでした。今週もまた何かを売ってお金に換えたいと思います。

一度終わりかけた人間の新しいはじめまして

ふと思いついて初投稿です。

 

40代独身で精神障害、週に数日出勤のアルバイト生活のおじさんです。

 

これだけ並ぶと世間的には完全に終わっていると思われますが、本人はそうした事に対してだいぶ鈍感になってきました。昔は精神を病んでいる自分が恥ずかしくて毎日消えてしまいたくて仕方ありませんでした。

 

だいぶ回復してきてはいるのですが、週5日働くのは難しそうです。障害者雇用で働いてみた事もあったのですが、朝のラッシュ時にどうしても電車に乗れなかったり、人が溢れた駅の恐ろしさに立ち尽くしたりと、毎日の通勤は地獄そのものでした。

 

それからしばらくは「自分は障害者雇用でもまともに働けないのか」と自己嫌悪になって部屋に閉じこもっていました。その後、落ち着いてから派遣の仕事などを少しやってはみたものの、やはり体調が悪くなってしまうという事が続きました。

 

その中で自分が働けない理由とは何だろうといろいろ考えてみたのですが、先に書きましたが騒然とした朝の駅や電車が苦手だと結論が出ました。

 

混雑して物理的に狭い環境が辛いのは勿論ですが、みんな余裕がなく誰かを押しのけて進んだり駆け込み乗車をしたりと、ぐじゅぐじゅとした負の感情に引きずられて気分が悪くなってしまうのです。電車の遅延が発生した場合などはもう最悪で、混雑と人の苛立ちがこの上なく高まります。そうなるともう改札に入る事もできません。

 

それならば電車に乗らないで行けたり、ラッシュの時間に乗らなくて済むような場所での仕事が無いか、それもなるべく負担の少ない短時間勤務を探して、ネットのアルバイト情報サイトで応募して現在のバイト先に至ります。

 

こちらのブログでは、いろいろなものを失ったけれど何とか穏やかに生きていこうと試行錯誤している私について書いていこうと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。